パンの価値 6 sunny side BAKERY

パンの価値 6  sunny side BAKERY

パンの価値 6

パンの価格に対する考え方は様々です。このコンテンツはパンの美味しさを価格から考える企画になっています。

 

今回は以前「パンのこゝろ得 2」https://pan-manabiya.com/パン屋のこゝろ得 2 サニ ーサイドベーカリー/にも登場頂いたサニーサイドベーカリーさんの宍戸ちひろさんにパン の価格設定に関する同店のお話を伺いました。

sunny side BAKERY
東京都中野区江古田 4-30-3 岡村ビル1F

 

パンの価格はどのように決めていますか?

「日々の暮らしのちょっとした楽しみに」が当店のコンセプトです。 毎日使って頂きたいので、あまり高価にならないように価格設定には気を付けています。 ただ、安さを売りにする事は店舗の規模からも難しいと考えております。 スーパーやコンビニだけでは味わえない、個人店のベーカリーならではの焼きたてパンを 納得できる価格で提供し、お客様に満足して頂きたいと日頃から考えております。

商品の価格を考える時は、他店様の価格を参考にする事もありますが、基本的には「自分 だったらこのパンをいくらで買えたら満足か」という感覚に頼って決めています。 ただし、普段から様々なパン屋を見て、色々なパンを知っている私たちとお客様の間には パンの価格に対する考え方に差があると思います。 「自分だったらいくらまで出せる」の値段より少し低い価格を設定するように心掛けてい ます。

また、商品の開発段階で原価を算出し、原価率を厳密に計算しています。 原価率から一方的に価格を決める事はありませんが、価格設定の一つの基準値にしていま す。ひとつの商品の原価率を抑える事にこだわるのではなく、展開している商品全体の原価率が一定値を超えないようにしています。

 

ここからは定期有料購読者限定の記事となります。

続きを読むにはこちら