パンを楽しむ料理 10 フランスパン屋研修 最終話 

パンを楽しむ料理 10 フランスパン屋研修 最終話 

ンを楽しむ料理 10

鈴木優子

フランスパン屋研修 最終話

本来このコンテンツは、鈴木さんにパンと料理の相性などを検証、提案していくものでしたが、コロナの影響で鈴木さんと代替え案を打ち合わせしている際に、フランスでパン屋に研修に入った際のレポートがあると聞いて送ってもらいました。

我々、記者が外からパン屋さんをレポートするのではなく、中で働いた人のリアルな体験は貴重な話として綴られていました。

レポートは期間にも関わらず、パン作り、販売、のみではなく、マーケティングまで体験談でした

インターネットの普及で情報が溢れている昨今ですがパンが主食の国のパン屋さんレポートは貴重な情報となりました

 

20071

お給料ゲット!! 1月10日、小切手と給料明細が手渡された。私のお給料のカウントは12月23日から31日の8日間のみ。時給は8.5ユーロで1週間にどんなに働いても支払われるのは週35時間までと決まっている。税金と保険を支払い、お給料をもらっていない時は無料だった穴倉(アパート)代もしっかり引かれていた。

8日間しっかり働いて280ユーロ(約43000円)の手取りを得る事が出来た。労働に対する金額が正しく評価されているのかどうかなどと考えていては楽しくないので素直に嬉しく思い、ゼロとの違いを感じる。

このお給料は大切にパン屋を離れてからの生活の足しにする予定である。ボルドーでのブドウの収穫の時に頂いたものと合わせ430ユーロと9ヶ月滞在している割には何とものんびりな収入だが、頂けた事に心から感謝。円が弱くユーロがドンドン強くなっている今、少しでもユーロの収入があることが心強い。