パン屋さん

パンを楽しむ料理 9   鈴木優子 フランスパン屋研修 3

パンを楽しむ料理 9 鈴木優子

フランスパン屋研修 3

今回で3回目を迎える鈴木さんのパン屋研修。ちょっと早いですがクリスマスの激務をお届けします。

クリスマスINフランス

 12月に入ると町の中心に教会の前に大きなもみの木が現れ、クリスマス用にライトがつけられた。町中のブティック・レストラン・ホテルはクリスマスの飾りでいっぱいになり、クリスマスモードになると同時に「さぁ、これから稼ぐぞ~」という雰囲気が伝わってくる。町を歩いているだけでルンルンした気分になる。メジェーブという町にお金持ちが多く、パン屋にも芸能人が何人か来ていたとスタッフは言っていた。町を歩く人を見ていると毛皮率の高いことに気付く。ここまでみんながゴージャスな格好をしている町は特殊だと思う。もし何かの団体が町行く人の毛皮着用比率を調査していたらメジェーブは世界で3本の指に入るのでは無いかと思うくらい、毛皮の人が多い。

町がウキウキしてくるとパン屋も稼ぎ時。シーズン到来となる。ビエノワズリー部門に戻り、オーナーとあと2人の季節労働者の計4人になった。ビエノワズリーの仕事は全て知っているので12月初旬に来た他の季節労働の2人に色々教えてあげながら作業をする。

仕事量はドンドン増えて、200開始だった仕事も000開始1200終了が主流になる。114時間労働という日もあった。休憩時間というものはない。休暇もなくなりクリスマス前から17日間連続出勤となった。クリスマスの人の来店客数は半端なく、店の前は常に10m以上(約20人待ち)の行列が出来ていた。

皆さん豪快に買い物をしていく。普通の家庭なのにバゲット5本とカンパーニュを2つ、食パン2つにクロワッサンとパンオショコラを5個づつと言った感じである。さすがパン食文化。クリスマスにはフォアグラを食べるのが定番らしく、フォアグラ用に食パンやブリオッシュを買っていく人も多い。私は深夜労働で疲れていたものの、フランスの食文化を学びに来たので、仕事が終わってからはなるべく店で客の動向を観察していた。スタッフには「誰か待ってるの?」と聞かれ、「人が何買うか見てるの」というと、物好きだなぁって顔をされていたが観察しているのは楽しい。

フランスでのクリスマスは、毎日仲間と一緒にしっかり働き、更にオランダからは兄夫婦が遊びに来た。この2人、よっぽど私の事が好きらしく、11月に一緒にスペインに行ったばかりなのにクリスマス休暇を利用して車(10時間ドライブ)でメジェーブにやって来て3泊過ごした。

私の仕事中はスキーに行き、昼すぎ私の昼寝が終わった頃、穴倉でパンとワインとチーズの宴会をした。夜も1日だけ一緒にレストランで食事をした。25日の夕方、町を歩くと想像以上に人が多く、ゴージャスな格好をした人が行き交い、クリスマスムード満点で盛り上がっていた。町中がキラキラ輝いていた。兄夫婦が一緒じゃなかったら私は確実に穴倉で1人寝ていたので、素敵な夜を知らないでいたはずだ。連れ出してくれる人がいて良かったと思うし楽しかった。一緒に夕飯をし、1時間半の仮眠の後の13時間労働はさすがにきつかったけれど・・・。仕事量が増え、休暇なしでの仕事が続くにつれて、スタッフの心と身体の健康状態も変化してくる。1週間もするとハイテンションになりすぎて、作業場で歌ったり踊ったりしている人も多いし私もラジオに合わせて歌っていた。

10日過ぎるとみんなの顔に疲労が見え、風邪を引く人も出てくる。その後疲れもピークに達しイライラして、言い争いが増える。物をなげあう場面も目にした。私はそんなみんなを観察しながら自分はなるべく穏やかに仕事を淡々と続けることを心がけた。シーズン中はビエノワズリ・パン・売り子・配達係のみんながそれぞれの立場で大変な思いをして店を支えている。みんなで乗り切っていくぞ!!っていう連帯感も生まれ、その空気はシーズン前と明らかに違った。それを感じることが出来て、とても幸せだったし私も一員であることを有難く思った。

普段はスタッフにパン造りを任せて配達や各店舗管理などに徹しているオーナーはシーズンになると2:00出勤をして石釜の前で必死にパンを焼く。1日約15時間と誰よりも働くオーナーが店の中心にいるからみんなが付いて行くのだと思う。

私自身は健康管理をしっかり行い、仕事が終わったら家に帰り、シャワーを浴びて晩酌をして1500には寝ていた。正に仕事・食事・睡眠のみの日々。時間節約の為、3分のシャワーでシャンプー&リンスと身体洗いをこなすようにもなった。疲れた日は洗面器にお湯を入れ、足湯をしてリフレッシュした。家での食事は1回だけになった。

作業中は甘い物としょっぱいものを交互につまみ、まるでバイキング状態で色々な物を食べていた。自己管理はしっかりしていたので、心も身体も健康にハードな日々を乗り切ることが出来た。30歳とは言え、まだ体力は衰えていないかも?と喜んでみたけれど、気力で乗り切った気もする。